人には聞けない!結婚式でも服装に関する3つのマナー

肌の露出は控えましょう

結婚式や二次会にゲストとして出席する際に、露出の多い服装はマナー違反となりますので、注意が必要です。しかし家にあるフォーマルドレスが露出度の高いドレスである場合、ストールやボレロなどを羽織る事で、肌の露出を避ける事が出来るのですよ。またストールやボレロを羽織る事で、華やかさを演出する事も出来るのです。ドレスよりも、ストールやボレロをいくつか持っておくと、違う雰囲気を楽しめる事が出来るので、とても便利ですよ。

花嫁を連想する色の服装はNG

結婚式では、白は花嫁のカラーとされていますので、ゲストとして出席するにはその色と被らないようにしなければいけません。これは、二次会でも同じ事が言えるのですよ。また、これとは反対に黒一色で全身を統一する事もNGとなります。黒はお葬式などのイメージが強いため、おめでたい席にはふさわしくありません。黒のドレスを着る際には、鞄や靴などを華やかな色にして工夫するようにしましょう。アクセサリーなどで華やかに見せる方法もありますが、黒の真珠は不幸を呼ぶと言われているため、結婚式にはやめておくようにしましょう。

結婚式に持参する鞄や靴

結婚式に出席する際には、小さめの鞄がおすすめです。大きい鞄だと、置く場所がないため困ってしまいます。また素敵なドレスを着ていても、大きなカバンだとイメージダウンとなりますので、気をつけるようにしましょう。靴は、つま先が見える物はお祝いの席ではNGとなるのですよ。そのため先が隠れるようなパンプスが、ふさわしい装いとなります。ミュールやブーツは、間違っても結婚式には履いて行かないようしておきましょう。

博多の結婚式場は、交通に便利です。博多は、新幹線も空港もすぐ近くにあります。ホテルやパーティー会場がたくさんあります。

Comments are closed. Posted by: admin on